マネー(資産運用・不動産)スクール・セミナーへの成功報酬型集客支援

当社では、資産運用、不動産投資のスクール・セミナーの運営企業様を対象とした集客支援サービスを成功報酬型にてご提供しております。業界は、不動産、投資、保険業界なども大丈夫です。誘客できなければ広告費は必要ございません。また、単純にリスト獲得といったことでの展開も可能です。

「お金」に関する新規顧客獲得は、既存顧客から新たに新規顧客をご紹介頂くことが企業にとって理想ではありますが、そもそもの軸となる既存顧客の絶対数が少なければそこからの広がりはございません。

そのため、まずは自社が主催する「マネースクール」、「資産運用セミナー」などといった「お金」に関わるスクールやセミナーに参加申込の促進と実際の誘客数を増やし、新しい層の顧客獲得をしていかねば継続的な顧客獲得が頓挫してきてしまう可能性がございます。

セミナー・スクールの告知方法

いろいろ無料、有料でイベント告知ができるサービスはありますね。ただ、自社のセミナー・スクールにターゲットとしている人が集まるかどうかは全く別のお話しとなります。例えばこのような告知サイトがあります。このようなサービスでの集客では、まず参加人数を増やせるかどうかと言えば正直あまり期待できません。仮に集客しても参加者のターゲットが御社にふさわしいのかどうなのかは事前に把握することができません。

  • セミナーズ
  • セミナーネット
  • こくちーず
  • セミナー情報.com
  • EventForce(イベントフォース)
  • セミナーBIZ
  • セミナーチャンネル

当社の集客支援サービスの特徴

当社の特徴としては、集客は完全成果報酬型にて承ります。当社で請け負う業務内容は、単にスクール・セミナーに集客するだけでなくこれまでに成功しているランディングページの制作からアフィリエイトサイトの運用、そしてスタッフの教育まで全体を通した最適化を行うことにあります。全体最適化です。

いくらマネーセミナーに集客ができていたとしても、スタッフの対応、プレゼンテーションからクロージングまでのマニュアルが統一されたものでかつ高品質な形で提供していなければ、集客での費用対効果は良かったが結局クロージングできなければ費用対効果は悪いものになりかねません。

不動産を活用した資産運用スクールの集客実績を公開

2018年1月度から東京都渋谷にありますスクールへの誘客を行いました。まずは集客できた結果人数は以下の通りです。2月度の数字については現時点では来社予約人数です。3月度はさらに増えていきます。

2018年1月度 22人(初月)

2018年2月度 68人

基本的にある程度、集団母数を集めたセミナーではなく完全に1日数名に限定されたマンツーマン面談となります。

集客ターゲット

マネースクール運営クライアントからの集客ターゲットは「年収400万円以上」「東京の会場に来て頂くこと」の2点。結果、平均年収600万円以上の方を誘客することに成功。下記画面キャプチャーでは実際に当社経由で誘客した実際のリスト事例となります。

123

エントリーフォームを独自にご用意

クライアント企業が取得したい個人情報に沿ってフォームを容易に編集することができるエントリーフォームをご用意しています。

entryform

エントリー後のアフターフォロー

マネースクール、セミナーのお申込みをしたもののやっぱりいけなくなった、行くまでよくわからないというお客様に対してはメールマガジンで事前に必要な情報をお送りし、育てていきます。事前のマイナス思考(何か売りつけられるのではないか?)を取り除くことが必要です。そのためのアプローチとしてメールマガジンを配信することが1つの手法として挙げられます。

初回アプローチの進め方

アプローチの場面で、初めてあなたの話を聞くときのお客さまの気持ちは、投資に対してマイナスのイメージを持っている場合が多いと考えられます。
「売り込まれるんじゃないか?」「説得させられるんじゃないか」・・・。アプローチの目的は、まずお客さまが持っていると思われる売り込みに対するマイナスの気持ちを、プラスの気持ちに引き上げることです。アプローチのポイントは、お客さまの気持ちを引き上げ、アプローチを成功させるためには、お客さまの心理的側面に沿って進める必要があります。
その際の考え方として、「安全の確保」→「同意できる内容の話」→「期待をもって
次へつなぐ」という3つの段階でアプローチのストーリーを進める方法が考えられます。
この流れによって、お客さまにアプローチすることで、「自分の保障について考えて
みよう」という気持ちにさせ、ヒアリングに進む承諾を得ることができれば、アプローチは成功といえます。

セーリングポイント(USP)を設定しましょう

ユニークセリングポイント(USP)とはマーケティング用語で、競合他社にない自社独自の売り(強み)、付加価値、差別化策をいいます。他の会社には提供できない、あなたならではの商品やサービスとはいったい何ですか?これを短い言葉でわかりやすく表現したものが、USPです。 商売を成功させるための最大の秘訣は、よそにはない「売り」があること、よそとは違っていることです。競争相手が多ければ多いほど(つまり、あなたがその他大勢の一員であればあるほど)ユニークセリングポイント(USP)は重要になってきます。

株式運用スクールでしたら「株の素人が10日間でプロと同等レベルになれる」などといったことです。

さいごに

初めて接点を持った方との信頼関係を形成しなければネクストアクションに繋がることは難しいことですので、お会いしたらどう仲良くなれるのかが大事です。

どのような商品・サービスを販売していても、最も重要なのがそれを扱うあなた(会社)なのです。営業マン(社員)の態度はどうだろうか?組織人として、会社の代表であるという意識で臨んでいるでしょうか。組織人としての基本動作こそUSPとして武器になるのです。人が商品やサービスを購入するのは理屈や理論ではなく 感情であると言われています。

多くのお客様(見込み客)がサービス業の会社を選択するとき、彼らはその会社の実績や評判、あるいは業界での地位を買っているわけではありません。

サービス業にとって重要なのは人間関係であり、その前提となるのが「見た目」であり、人間関係とはフィーリング(好印象)です。

資産運用、仮想通貨等のスクール・セミナーの運営企業様を対象とした集客支援サービスを成功報酬型にてご提供しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さいませ。

コメントを残す