投資用不動産の新規見込顧客を効率的に獲得・集客する成功報酬型の営業代行

 

はじめに

当サービスの「NICE LEAD」(ナイスリード)は、新規見込顧客との「タッチポイント(顧客接点)創出」そして「誘引」へと導きます。しかも、成果報酬型。不動産購入に結びつく見込み顧客を獲得する営業代行サービスといった方がわかりやすいかと思います。

PUSH型営業からPULL型の営業へ

効率的な反響営業を取り入れることで社員の「やる気」や「優秀な人材」の獲得にも繋がってきます。


このような「したい」におこたえします

現時点で御社が保有する社内リソース(例えば、名簿や各営業マンによる人脈など)があるかと思いますが、より営業効率を高めたい、ITを活用した費用対効果の良いマーケティング手法に取り組んでいきたいという際にお役に立てるかと考えます。

弊社が提供するサービスは、「投資用不動産の販売会社」(主にワンルームマンション)や「資産形成コンサルティング会社」を対象とした、私たちどもの「NICE LEAD」は、以下の「したい」におこたえします。

新規相談を獲得していきたい

個別の面談数をもっと増やしていきたい

自社セミナーの参加人数をもっと増やしたい

そんな簡単に新規顧客が集まるものなの?

簡単ではございませんが、インターネット上のどこにどのような網を張るのかという点をしっかりし続けることで集めていくことで持続的な新規顧客の獲得が可能になっていきます。

インターネット上の施策は、とある導線から見込み顧客が獲得できるということがわかれば当然のことながら同じ場所に広告費を投下して参入してくる競合が増えます。

目視確認できるところでも1つの場所に約95社が顧客の奪い合いが展開されています。

正直なところ、見込み顧客からすると投資用不動産会社毎にどう違うのかという違いはわかりません。

弊社では現役ファイナンシャルプランナー(FP)兼投資用不動産オーナーの顔を持ち合わせるスタッフがいますので、見込み顧客がなぜ投資用不動産を買うのか、目的なしに「投資用不動産買います!」という人はいませんので、現役ファイナンシャルプランナー兼投資用不動産オーナーのスタッフが窓口となり、貴社への見込み顧客獲得のための窓口を展開することで、見込み顧客の誘客を持続的なものにしております。

弊社の展開するサービス「教えて不動産投資&資産形成」というコンテンツがひとつのものさしとなって集客支援致します。

ファイナンシャルプランナー(FP)兼投資用不動産オーナーが貴社と見込み顧客のHUBとなることが特徴的です。そのような繋がりが顧客との信用性を醸成するものになります。


テレアポや人脈による新規顧客開拓の営業活動が多い業界かと思いますが、弊社サービスのNICE LEADは長年に渡るインターネットを活用した成功報酬型マーケティングの情報活用ノウハウを活用した新規見込顧客との「タッチポイントの創出」「誘引」へと導くものです。

まずは、新規顧客とのタッチポイントをつくる手段の1つとして当社の成功報酬型によるナイスリードをご紹介申し上げます。

属性がマッチした新規顧客のリーズを誘引するだけではなく、そのリーズの熱量がある程度明らかとなった顧客情報を獲得することができるものになります。


超高速マーケティング支援NICE LEAD のご案内

当社では、資産運用、投資用不動産セミナーの見込み顧客との面談やセミナーを主催される企業様を対象とした集客支援サービスを成功報酬型にてご提供しております。的確な見込顧客の誘客ができなければ費用は必要ございません。

.png

貴社が求める見込顧客ターゲット像(年齢、年収、結婚 などなど)を明確にしたうえで、それに該当する見込顧客をアクション(セミナー参加、訪問及び来社 etc)に繋げることができて、はじめて広告費が発生するになりますので、ご出稿企業のメリットは「成功報酬型によるリスクゼロ」であることと「売上直結型の広告展開」ということがいえます。

NICE LEAD(ナイスリード)の特徴

<大きな狙い>

新規見込顧客との「タッチポイント(顧客接点)創出」と「誘引」を成果報酬型で展開できるという点です。

また、それに伴いまして下記の価値提供を同時に提供致します。

 

成果事例

そのため、会社全体の①「営業の効率化」②「人材のスキルアップ」③「人材確保」の3点のメリットが得られるという結果に繋がっています。

 

※月間最大値は実績で約100名の来社まで


新規見込顧客リストのデータ事例

下記画面キャプチャーでは実際に当社経由で誘客した実際の見込顧客リストです。

123 エントリーフォームを独自にご用意 クライアント企業が取得したい個人情報に沿ってフォームを容易に編集することができるエントリーフォームをご用意しています。 entryform

御社が見込顧客とするターゲット情報を事前に把握することができます。ここでのポイントは、エントリーされた方が御社にとって的確な見込み顧客であるかどうかの把握とあらかじめ属性を把握したうえで商談機会を設けることができるということです。

例えば以下の見込み顧客情報を収集します。

お名前 *

ご連絡可能な電話番号 *

メールアドレス *

住所 *

生まれた西暦 *

職業 *

勤続年数 *

勤続先名 *

年収 *

結婚 *

お住まい *

借入有無 *

ご希望面談日(第一候補日) *
第一候補日でのご希望時間 *

さらに上記の顧客データと合わせて、もう一つ重要なポイントがあります。前述にある通り新規見込み顧客の熱量です。属性ももちろん重要なデータですが、その属性の方がなぜ御社との商談機会を設けたいのかという理由を明確にしていることです。

見込み顧客は人からの紹介が一番成約率が高いが・・・

投資用不動産を購入いただく顧客を獲得するには見込客を人に紹介してもらうケースがなんといっても一番の近道です。しかし、インターネット経由で人からの紹介と同等のパフォーマンスを求めるのは少し違っています。

それはなぜか?

御社と見込み顧客との間の信用関係が0だからです。

インターネット経由の場合、投資用不動産の購入に関心がある方でも、まずは御社から不動産を購入する理由が全くない状態からスタートしますので、初回のアプローチが非常に重要ポイントとなってきます。

初回アプローチにどのようなコミュニケーションをとって、次に会う目的を何にするのかを双方にとって明確にすることが求められるかなと思います。どうするべきかという正解はないのですが、営業マンが初回アプローチで投資用不動産の購入までのクロージングをするマインドセットをしているケースは、成約率が格段下がってしまうことは共通して言えることです。

顧客の購買行動を把握したうえで商談化、顧客化までの具体的プロセスを考えて現場に落とし込むことが大事です。

見込顧客が成約に至るまでの購買行動プロセスを理解しよう

※KAIROS社のパーチェスファネルを引用

まず上記のファネルに対しての弊社の役割は、営業にパスする見込顧客データの収集にあります。

購買行動プロセスを理解した上で、WEB 集客などで得た顧客の興味醸成と商談化率向上のため「インサイドセールス」部隊を導入している会社は、見込顧客の確度を事前に精査できる体制ができています。

「今すぐ顧客」「これから顧客」のどちらに対しても対応できる体制を取り、お客様の満足度の向上にもつながる傾向に。

「アポ=即クローズ」という考えがあれば一旦捨てて、見込顧客が案件化するまでのプロセスに何が必要かを分析することで、上記のファネルでいうSAL(Sales Qualified Lead)から案件化、顧客化への成約率は高まっていきます。

ネット経由のリード獲得から案件化率

これまでの実施案件から導いたリード獲得(営業リスト)から案件化に至るまでの統計データをご紹介します。商談前リストの10人に1人が商談化に繋がる傾向にあります。

これまで御社の顧客となった方々が抱えてい課題がなんであったのか、どうして御社から契約したいと考えたのか、といったデータ分析がなされていればより成約率の高い集客の支援をできるようになります。


広告運用におけるCPA(1件の申込獲得コスト)

これまで弊社が運用してきた投資用不動産の見込み顧客を獲得する上での1件あたりのコストは以下の広告費として捉えています。あくまでも1件の申込での実数値となります。そのため、初回の申込から面談に至るコンバージョンコストを考えると下記CPA(1件の申込コスト)のおよそ1.5〜2倍程度の面談コストになります。

Facebook広告(投資、副業に興味があるセグメント)・・・12,000〜22,000円

listing広告・・・20,000〜50,000円

弊社サービスを利用する際の広告費は完全成果報酬

上記の数値を参考に実際の面談コスト(ご紹介料)は30,000円〜という設定をさせていただいております。仮に5人と面談をして成約率が20%とすると広告費が150,000円で不動産販売会社は大きな利益をあげることができます。成約時の利益は物件、金額によってまちまちですので各社の1件あたりの利益金額をご想像いただければと思います。

具体的提供サービス

 
◯広告運用
見込顧客獲得のための広告施策の実施運用は全てお任せ下さい。当サービスは、見込み顧客リスト以外のものについては一切費用は頂きません。対象顧客以外のリスト獲得に費やした費用のご清算の必要もございません。
 
 
◯誘客・育成
プル型施策によって獲得したユーザー情報に対して出稿主様が直接コンタクト。反響状況を共有し、見込顧客の育成~クロージングまでの体制つくりのご相談も承ります。
 
顧客のご紹介
 
弊社がファイナンシャルプランナーとしての立場で御社に見込み顧客リストを納品させていただきます。※弊社が直接その顧客に自社サービスをアプローチすることは一切ございません。

さいごに

見込顧客を獲得しても、人が商品やサービスを購入するのは理屈や理論ではなく「感情」であると言われていますので対人力が必要かと思います。

多くのお客様(見込み客)がサービス業の会社を選択するとき、彼らはその会社の実績や評判、あるいは業界での地位を買っているわけではありません。

サービス業にとって重要なのは人間関係であり、その前提となるのが「見た目」であり、人間関係とはフィーリング(好印象)です。

そのうえで、顧客のさまざまな心配事を解消してあげることで顧客化となることは間違いありません。顧客の心配事は、人それぞれですので時間をかけて寄り添って解決していくことです。

最短1ヶ月後から効率的に新規見込顧客の獲得、アプローチができるようになります。

是非、お会いする機会がございました際には、一体どのような見込顧客を獲得できているのか、どのように社内体制を組んで顧客との面談を設定しているのか、クロージングまで行っているのかの情報を共有させて頂ければ幸いです。ぜひ、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

お問い合わせ窓口はこちら

コメントを残す