アトリビューション分析(間接効果測定)の運用代行コンサル

.png

アトリビューション分析の運用代行を承っております。

アトリビューション分析は、各媒体ごとのコンバージョン成果への貢献度を測ることです。例えば、広告がクリックされ、自社の商品や各種サービスに対してアクションされた場合やWebサイトでコンバーションがあった場合、そのアクションを及ぼしたユーザーがそれまでにどんな広告を見てきたかなど、コンバージョンに至るまでに何がどのような影響を及ぼしたかを調査・分析します。

これまでの一般的な広告効果に対する評価は、コンバーションに至る直前のラストクリックのみを評価していました。しかし、ネット広告やメルマガ、ブログ記事、SNSなどのソーシャルのコンテンツなど、ユーザーが最終コンバーションに至るまでの経路が複雑化してきています。そのためユーザーがどのように広告に接触したのかを考えて分析する必要があります。その結果、無駄な広告を可視化することができ、効果を生み出す経路に広告予算を再配分していくことができるようになっています。

ゴール(成果)の部分だけでなくアシスト(要因)を考える事で、よりコンバーションを得やすい流入経路を見極めて、各施策やコンテンツを検討することで、投資対効果の高いプロモーションをより実現できます。

アトリビューション分析を行う上のポイントとなるのは、最終コンバージョンに対して何がどれだけ貢献したのかを、広告施策別の貢献度を可視化して評価するということです。

 

アトリビューション分析とは

アトリビューションとは、ユーザーがどのような経路をたどって最終的に購入に至ったのかを分析し、それぞれの媒体に「貢献度」を割り振ることで広告効果の最大化を図る取り組みのことです。

一体、何がユーザーに態度変容を起こさせたのか?

コンバージョンに貢献している「見えない」功労者は何なのか?

成果地点(コンバージョン)に至る直前にクリックされた広告よりも、以前にクリックされていた広告を測定できます。これにより、刈り取りではなく認知に強い広告がわかります。この分析によってユーザーの各種アクションが成果地点に至るまでの経路を把握し、無駄なWEB広告費を可視化し、ユーザーがアクションするまでの起点に対して正しく広告予算を再配分することでデジタルマーケティングを最適化していくことができます。

背景

刈り取り系(アフィリエイト)の施策が飽和してきている現状、今後着手するべき施策は認知を広げる施策(ディスプレイ広告、コンテンツマーケティング、SNSなど)となり、それらの施策に対する適切な評価をしていくためにはユーザーの接触ポイントを可視化する必要があります。

可視化したデータを調査・分析することで、適切に広告予算を配分することによって最終コンバージョンを伸ばしていくことができます。この概念がアトリビューション分析となります。

コンバージョンまでの履歴(間接効果)が簡単にわかります。

Twitter(ソーシャル)⇒ A8.net (アフィリエイト) ⇒Adwords(リスティング)
⇒Yahoo(自然検索) ⇒ コンバージョン

つまり接触した広告やSEOの履歴が全てわかります。(180日間)

フットボールに例えるなら

最終ゴール(成果地点コンバージョン)を決めるフォワードに対して、パスがどのような起点でフォワードにボールが回るのか。その起点、経路を正しく評価することが、フォワードに対する質の高い良いパスがどんどん供給されていき、最終ゴールが量産されていく。というイメージです。これまで、最終ゴールを決めるフォワードをどうしていくかに焦点をあてているとするならば、起点を明らかにしその質を高めていくことが最終コンバージョンに繋がっていくものです。

 

 

.gif

コメントを残す